« ウナギが生きる川を取り戻す~ウナギと河川環境の問題を考えるシンポジウム~2016.9.11 | トップページ | ウナギアンケートのまとめ »

2017年7月14日 (金)

パンフ「利根川をうなぎがすみやすい川にしよう!」完成!

利根川流域市民委員会がパタゴニアの助成金を活用して
パンフレット「利根川をうなぎがすみやすい川にしよう!
を完成させました。

ニホンウナギは絶滅危惧種となりましたが、
どうしたら戻ってきてくれるのでしょうか?

利根川には下流の河口堰から、
中流の取水堰、上流のダムまで
水生生物の生息に大きな影響を与える人工構造物が
たくさん作られてきました。

このパンフレットでは
利根川水系におけるウナギの漁獲量の推移、
流域に作られた人工構造物の一覧、
そして改善の提案までをコンパクトにまとめました。

是非、ご覧になって、もしよかったら広めてください。

こちらからダウンロードしてください↓
「unagi_project.pdf」をダウンロード

2017年7月
利根川の未来を考えるカムバック・ウナギ・プロジェクト
利根川流域市民委員会


« ウナギが生きる川を取り戻す~ウナギと河川環境の問題を考えるシンポジウム~2016.9.11 | トップページ | ウナギアンケートのまとめ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウナギが生きる川を取り戻す~ウナギと河川環境の問題を考えるシンポジウム~2016.9.11 | トップページ | ウナギアンケートのまとめ »